×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マタニティヨガ

マタニティのヨガ

マタニティヨガというのはヨガをすることによって健康的な妊娠生活を送ることを目的とするヨガのことです。 ヨガの呼吸法により出産などを行いやすくするといわれ、また妊婦に必要な筋肉などを鍛えてくれる効果や、心のリラックス効果などもあるようです。 最近ではマタニティヨガを行う病院なども増えているようですが、ヨガ以外にも妊婦用の運動法はあり、妊娠中の適度な運動は妊婦の体にも良いようです。 マタニティヨガはもともと妊娠中の運動を考えて優しい運動になっていますが、運動前などには準備も必要です。 マタニティヨガを始める2時間前には食事を終えていること、動きやすい服装で滑らない場所を使用することなどが主な約束事です。 マタニティヨガのポーズのうちのひとつとしては、あぐらをかくときのように足を組みます。 足のつま先を両手でもち背筋を伸ばします。 首を回しながら、ゆっくり息を吸ったりはいたりを繰り返します。 またもうひとつの人気のポーズとしては、まず足を組んでマットの上に座ります。 両手を胸の前で組み、息を吸いながらゆっくり組んだ手の平を上に向けてゆき、これ以上上がらなくなったら手を下ろし、息を吐きます。 これ等のポーズは5回から15回ほど繰り返します。 くれぐれもご自身の身体の調子を見ながらすすめてください、がんばりすぎは禁物です。

妊婦のヨガ教室

妊娠生活を快適に送るためのマタニティヨガ。 日本ではマタニティヨガを行う産婦人科やクリニックも増えてきているといいますが、その他にも日本マタニティ ヨガ協会という団体もありますマタニティヨガ教室の運営などの上にマタニティヨガ普及に努めている団体です。 マタニティヨガ教室では妊娠15週以上の順調な女性が対象で、講師はマタニティヨガ協会の講師が2 カ月おきに入れ替わります。顧問も決まっていまして産婦人科のお医者さんが行っているようです。 妊婦は自分の状態に応じて責任を持って体の調子が悪いときはすぐに誰かに伝えるという約束事があります。 服装としては動きやすい服装が良いでしょう、その他差支えがなければ裸足で行うようです。 裸足になると冷え性が気になるなど、問題のあるという人には、5本指などの靴下の着用も許可されています。 持ち物としてはほかに母子手帳と保険証などを持ってゆくように伝えられます。 費用は初回の教材費が2千円、その後一回につき3千円です。 4回のチケットは一万円となっていますので当日準備するお金を予定しておいてください。 予約は必要ないようで、いつからでも始めることができます。

ヨガの効果

ヨガの効果としては、ヨガは心身を一体のものとして捕らえるために体と心の調和を図ることができ、 この意味では体と精神の両方に効果があるといえます。 また、いま流行のホットヨガなどではリラックスしながらも体を適正体重まで落とすことができるという 効果も期待されているようです。 よがは、呼吸法とともにポーズをとることで体全体の調和を図りますから体の代謝や自然の治癒力など が活性化してくるようです。 自然治癒力とはエネルギーと呼ばれる「気」でもあります。 自然の力は周りだけではなくて自分の中にもあります。

(C)マタニティヨガ
ヨガでやせる 自宅でヨガ ビリーズブートキャンプで肉体改造 ヒーリングスポット マタニティヨガ ヒーリングで癒し インターネットラジオ ネットラジオで英語を学ぶ 音楽療法士 ヒーリングと音楽 結婚/